スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

初願日

突然、父が亡くなりました。
本日が初願日(初七日)です。

現在は簡略化されているので葬儀の後すぐに
初願日、三十五日、百箇日の法要を済ませ帰京しました。
(実家の方は四十九日はなく、三十五日をします)

当日、ワタシたちは婚家の伯母の23回忌を無事済ませ
家で寛いでおりましたら、兄から電話

「オヤジガシンダ」

え?何言ってんの?意味分かんないんだけど。
3回くらい繰り返してもらってようやく
「親父が死んだ」という言葉を理解いたしました。

一昨年体調を崩して寝ていたとはいえ
あの3.11から奮起して起き上がるようになり
最近は軽い農作業をこなすまでになっておりました。
なので、心の準備も無く、覚悟も無く、なにがなんだか…。

裏山で薪運びの作業中の事故でした。



元気な姿を見たのは、昨年の夏が最後です。
こんな事ならお正月も帰郷すれば良かった…
4月の誕生日には、仕事中でも無理して
電話して声聴けば良かった…後悔は尽きません。

この4月は例年になく胸がザワついておりました。
虫の知らせだったのでしょうか?
ちっとも役に立たない虫の知らせです。

ワタシは離れているので未だ現実感がないのですが
実家の母や兄達は柱を無くした事で
大きな喪失感に見舞われていると思います。
まして障害のある甥は大好きなじぃじが亡くなった事
自分の中で理解出来ているのかどうか。。。



次回帰郷するのは初盆の時。
気軽に行き来出来ない所に嫁に行ってごめんなさい。


category
由無し事

Comment

事故だったのですね。。。
突然いなくなってしまう喪失感は如何ばかりか…お察しします。
後悔は後から後から湧いてくるものですよね。
(どんなに心の準備をしていても同じです…)
疲れも哀しみもじわじわと湧いてきそうなので、
GWはゆっくりご自愛くださいね。
  • 2012⁄04⁄27(金)
  • 11:02

改めましてお悔やみ申し上げます。

…やっと対面…というお言葉があったので
もしかしたら 不慮のことで行政解剖かなにかだったのかな?とお察ししておりましたが
せっかくお元気になられたのに
本当に残念でしたね。

私も父のことを思い出しますが
離れて暮らしていると その実感がなく、
法事で帰省するたびに
「あ~、やっぱりいないんだ。」
と 喪失感に打ちひしがれてしまいました。

お母さまはじめ、ご家族の皆さまをいたわってさしあげてくださいませ。
  • 2012⁄04⁄27(金)
  • 12:23
  • [edit]

突然のことで、さぞかしお力落としのことでしょう。
心よりお悔やみ申し上げます。
  • 2012⁄04⁄27(金)
  • 14:49
  • [edit]

突然逝かれるのは辛いものです。。。
義父も辛いカテーテル手術に耐えて快方に向かい、リハビリに励んでいる最中に
近所の商店で切手を買って手紙を出した後に玄関で倒れてしまいました。。。
後数歩で帰宅できるところでした。

私は車で30分の近い距離に住んでいながら自分の身体の調子が悪いのを理由に
実家に帰ることを控えていました。
手術の時も立ち会わず、義姉と夫にまかせっきりでした。

どうしても手術の出来なかった心臓の一か所が心筋梗塞を起こしてしまったそうです。

今年の息子のバイオリンの発表会がもう直ぐきます。。。
なのに義父は来ないんですよね。
当たり前の光景にいなくなる人影。。。
さびしいものです。

でも残ったものは生きて行かなくちゃ。。。
日常をつつがなく過ごしていくことが一番の供養になりますよね。

yapyさんのお疲れが出ませぬ様に。。。
後悔ばかりを頭の中で繰り返さずに、ありきたりの日常を過ごせます様に。。。
  • 2012⁄04⁄27(金)
  • 17:08

突然のことに驚いております。。。

「いま帰省しています」がこんな大事なこととは露知らず、、、

オチャラけた内容のメールを送ってしまいました、
ごめんなさい。

どうぞお力落としの無いように・・・

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  • 2012⁄04⁄27(金)
  • 20:42

ただただ驚きました。
こんなに突然の別れもあるのですね。
心が痛みます。
  • 2012⁄04⁄27(金)
  • 20:44
  • [edit]

ゴメン。。。
だめだ。。。涙

遠く離れているから。。。
生きていてくれることが
心の支えだったのだろうと。。。

娘の心の内。。きっとわかってくれてますよ
合掌。。。

  • 2012⁄04⁄27(金)
  • 21:23
  • [edit]

改めてお悔み申し上げます。
例え傍からみて何の不足があろうか、という状況でも、お身内にとってはあのときああすれば…という悔いは残るものと、私も自身の経験から思います。しかし誰しも日々精一杯生きている中でのことですから、どうぞご自身を責めませんように・・・。
  • 2012⁄04⁄27(金)
  • 23:10
  • [edit]

大きな災害から立ち上がっていらっしゃったことを思うと、
お父様ご自身にまだまだこれからという気持ちがお有りだったはずです。
事故とは残念なことですね。
ご冥福をお祈りいたします。

やっぴーさん、元気を出して!
  • 2012⁄04⁄28(土)
  • 00:17

金魚

お父様のご冥福をお祈りしております。
色々思い出すことがあって辛いし、お母様のことも心配だと思います。
いつものような活動的なやっぴーさんに戻られることを望んでいます。


  • 2012⁄04⁄28(土)
  • 10:09

ありがとうございます

ありがとうございます。

>櫻子さん…介護の覚悟は出来ていたんですが
      一気にフィニッシュになるとは思いませんでした。
      GW、バリバリ動いてますよ~(笑)

>じゅんちゃん…東京に帰ってみれば、一連の流れは夢だったのかと
        何やら不思議な心地です。
        この上は、母に長生きしてもらわないと。。。

>uzuzさん…ちゃんとお骨も拾ったはずなのに、イマイチ実感がありません。
      困りましたねぇ。

>ほいちゃん…あ、ほいちゃんのコメントで心配な事がふつふつと。
       ウチの相方、心筋梗塞になった時カテーテルでステントを
       2つ入れましたが 残り1つは難しくて入れられませんでした。
       ヤバイです。労ってあげないと…ですね。

>牧野さん…いえいえ、気の利いたコメントを返せなかったので助かりました。
      おかげさまで和みました m(__)m
      お会いするのを楽しみにしております~☆
       
  • 2012⁄04⁄28(土)
  • 22:30

ありがとうございました

ありがとうございました。

>sognoさん…ホント、未だに信じられません。
       21日の夜と22日、地元の昼のニュースに出たらしいです。
       もしかしたらsognoさんお目にしてたかもしれませんね。
       
>okaさん…こういう事もあるんですね。
      okaさんはどうぞ来られそうな時は
      どんどんお父様のお顔を見にいらして下さいね。

>絵美さん…あと10年は大丈夫と医者から太鼓判押された直後でした。
      なんなんでしょうねぇ、運命なんでしょうかねぇ?

>*165*さん…ボケたり動かなくなった時は月1~2回は介護に通おうと
       そういう覚悟は以前からしていたんですが
       しっかり裏をかかれてしまいましたねぇ。

>金魚さん…3日休んだだけで仕事に戻っておりますので
      こちらにいると亡くなった事がウソのようです。
      イマイチ実感が伴っていないですね。


      
      
       
  • 2012⁄04⁄28(土)
  • 22:47

書き込みに躊躇していて、こんなに遅くなってしまいました。
というのも、私と夫の両親は4人ともみな存命中で(決して健康体なわけではないですが)、
親御さんを亡くされた方の悲しみを、本当の意味では全然わかっていないと思うからです。
何を言っても空々しくなってしまう気がして。

でも、やはりコメントせずにはいられませんでした。
どうか、やっぴーさんの心が少しでも穏やかになりますように。
心労や仕事の忙しさで、体調を崩されませんように。
  • 2012⁄04⁄29(日)
  • 09:52
  • [edit]

ありがとうございます

> れいうささん

ミクでもお悔やみいただいたのに
お気遣いさせてしまい申し訳ありません。
後悔先に立たずです、今のうち充分に親孝行されてください。
まだまだと思ってると突然来ちゃったりするものですから (^-^;;
  • 2012⁄04⁄30(月)
  • 00:42

お父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
先程、夫と私の実家から帰ってPCを開けて、初めて知りました。
さぞやお力落としでしょう。
離れていてもどかしい気持ち、申し訳ない気持ち、とってもよくわかります。
うちも人ごとじゃないです。
うちはこれから介護に直面しそう、ほんと、どうしましょう・・
  • 2012⁄05⁄02(水)
  • 22:00
  • [edit]

straycat さま

>straycatさん

ありがとうございます。
介護の心構えは十分出来てたんですが、一足飛びでした。
でもまだまだ母がおりますので、気を抜かず構えていようと思います。
  • 2012⁄05⁄03(木)
  • 09:05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。