スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

白の力(1月のサロン)

新年最初のサロン。
着物を着る上で(たぶん洋服でも)大事な色『白』についての
お話を伺いました。
珍しく先生が板書したのでワタシもノート取りましたよ(笑)

白の持つ力
ー白はいろいろな場面でその魅力を発揮しますー
 儀式の白=上品さ、気品を表す
      (長襦袢から半衿、帯揚げ、帯締め、足袋に至るまで
        全て白で礼儀を尽くす)

 季節の白=爽やか、涼しさを表現
      (例えば冬は濃い色の長襦袢、日差しとともに薄くしていき
        初夏には白にすると涼しげに見え、1枚の着物が長く着られる)

 調和の白=多色をまとめる力
      (多色の小紋や帯などで色が溢れている時は、帯揚げや帯締めに
        白を使うと引き締まる)

 清潔の白=無心無垢のイメージ
      (例えば花嫁衣裳にみられる白)
 粋な白=無彩色は粋にまとまる

着物を着て行く場所やシチュエーション、お会いする方々等
TPOに合わせて長襦袢、半襟、帯揚げ、帯締め、足袋に白を持って来る。
儀式なら全て白でしょうし、その他は小物でちょこちょこ取り入れて、
その効果を楽しんで。。。

ちなみに、若い方の正装の帯揚げは総絞りですが
大人は紋りんずなどの方が格上だそうです。 ー以上、概略ー


1月の先生の襦袢(1/19) 1月の先生(1/19)

お待ちかね、今月の先生
(うす~いグレー?)の総絞りに龍と鳳凰の名古屋帯
長襦袢は濃い紫なんですよ、見えます~?
いつもながら惚れ惚れするコーデでございました。


ワタシは、合わないと知りつつ合わせた着物と帯(笑)
はっきり言ってねじ伏せた感じ?

 1月のサロン(1/19) 1/19後姿後はR嬢より

の付け下げ小紋にの柄の袋帯
そして、帯締めに若色を入れました。
そう…新年最初のサロンなのでお目出度く「松竹梅」を
やってみたかったのでした~
サロンだから、こういう冒険コーデも着て行けちゃいます(笑)
先生曰く「地味な着物の時は、こういう風に
洋服感覚の色をもってくるといいのよ」
へへ、やっぱりこの着物は地味なんですよね~
もう2回着たから思い残す事は無い、実家の箪笥に戻そう(笑)
category
着物

Comment

おぉ、先生カッチョエ~
惚れてまうがな♡
  • 2012⁄01⁄22(日)
  • 01:01

龍、鳳凰

私には絶対に手に取れないような柄です。
素敵な先生の着こなしをみると、挑戦してもいいのかなあ、とか思ったりして。
やっぴーさんのお着物は、地味に思えないのですが。
洋服感覚の色、同系色ということでしょうか。
行っていないのに、サロンのお話が聞けて、いつもありがとうございます。
  • 2012⁄01⁄22(日)
  • 09:51

見えますよ~

ほんと、やっぴーさんのレポで
しっかりサロンの雰囲気を味合わさせて頂いてます
m(__)m 多謝

いやいや・・地味だからこそ味付けするにはヨサゲだけど
箪笥がイッパイなのかな?
  • 2012⁄01⁄22(日)
  • 11:07
  • [edit]

いよっ、待ってました!!

先生のお着物一式、そのまま払い下げていただきたい!(笑)

私の脳内ではなんとなくアレとアレかな?
・・・という予感がありましたけど

ビンゴ!!

色味が近いのでこの梅と松は
年をとってもお正月にはアリだと思いますけど。
  • 2012⁄01⁄22(日)
  • 11:19

櫻子さま

櫻子さんも来月の対談行かない?
詳細は近いうちにメールしまっしゅ。
  • 2012⁄01⁄23(月)
  • 00:19

金魚さま

ワタシも龍や鳳凰柄は持ってないんですよ。
先生がお持ちの帯ってホント素敵なのばかりです。

ワタシの付け下げは、先生くらいの年代の方が
自由にコーデ出来るらしいです (^-^)
それまで熟成させるのも良いかもです(笑)
  • 2012⁄01⁄23(月)
  • 00:22

白×紫

以前、ほぼ白の灰色の八掛けが紫という方を見かけたことがります。人を選びそうですが、かっこいいですね。

松竹梅もおめでたくっていいですね。
菅原伝授手習鑑で、梅松桜もいいかも、ってつられて一瞬思ったんですが、欲張りすぎですよね。
  • 2012⁄01⁄23(月)
  • 00:25
  • [edit]

okaさま

えへ、時間に間に合わない方に教えて上げてって
言われてるので、今回は若干詳しめにレポってます (^-^;;
(見てますか~)

今まで似合っていた色でも似合わなくなる時期があるらしいです。
そういう時はしばらく寝かすといいんですって。
必ずまた着られるようになるから…と先生の弁 (^-^)b
  • 2012⁄01⁄23(月)
  • 00:29

じゅんちゃんさま

先生の長襦袢にいつもドキュン♪です。
白じゃなくなってきた白の長襦袢染めようかなあ。

この一揃いはまた数年後に登場させましょう(笑)
帯だけ手元に置いて、付け下げはしばらく実家で熟成決定。
入れるとこも無いしね (^m^)
  • 2012⁄01⁄23(月)
  • 00:33

のの吉さま

先生のは濃いめのグレーの八掛けでしたが
クラスの方が着てたのは白地に紫の柄、紫の八掛けでした。
ワタシも白地に紫の柄の小紋の反物があるんですが
紫の八掛け狙ってます(笑)

梅松桜…だいじょうぶ~☆ ぜひぜひ (^_-)-☆
  • 2012⁄01⁄23(月)
  • 00:39

アリガト!

遅刻魔の私に暖かいご配慮(だよね?)、ありがとうございます(涙)
ただなんとなくではなく、意識して「白」を使う方がより効果的なのね。
先生の装いは最近、少し以前と変わってきたように感じるのですが。
ここに来て「更に進化!」ってことかな。すごいな。

対談のお話は今回は出ませんでしたよね?
私も詳細希望♪
  • 2012⁄01⁄23(月)
  • 08:03
  • [edit]

れいうささま

当たり前ですが、お忙しいとご覧になられないようだし
読んでいただけてよかったわ (^_-)-☆
なにしろ先生直々におっしゃったんですもん(笑)

米沢のヨネオリさんから封書が届いていませんか?
S島先生の着付け教室の生徒さん宛に出してるそうですよ。
着付けを習ってないワタシに来るくらいだから
ちゃんとした生徒のれいうささんには届くと思います。
今週中に届かなかったらご連絡下さい (^-^)/
  • 2012⁄01⁄23(月)
  • 23:18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。