スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

一歩も引けない!?

※三連休中のお話です

恒例の「相方と遊ぼう」企画でしたが
まだ人混みはNGと思われるので
珍しくAと連れ立って行って来ました。
(墓参り以外で このコンビは初めてかも知んない…笑)

三谷チラシ


生誕50周年記念スペシャルとして
新作7本のうち舞台の4本はすべからく拝見致しました
(wo~は入ってなかったし、小説は文庫化待ち、映画は…DVDになるまで我慢だ)

最後を締めくくるべく、手に汗握る緊迫した
(でも所々くすぐりも)二人芝居でした⇒こちら

くるくると攻守を入れ替え、丁々発止の90分。
セットの水時計が印象的でした。
医者が手術を決意し、水がまた流れ出した時には
感極まってしまいました

ある意味、モンペですよね。
(電話の母の声はT田K子さんなのよ)
子どもは自分の付属物じゃないのだから、命の前には
土地の風習なんかクソくらえだ!とワタシは思うのですがね
でもけっこう近代まではそういう風土が多かったのも事実なのでは…。
(自分も現代に生きてるから医者の方に軍配を上げがちだけど)
現実に時々そういうニュースが出て来たりすると…うむむ


「子どものため」とか「あなたのため」とかって、言うのも言われるのも
上から目線で恩着せがましくて なんだかね…
早い話がそれって「自分のため」に他ならないんですよね?
最初から正直に「自分のため」と言ってやる方がいいと思うんですわ(笑)


category
観た見た聴いた

Comment

ドキドキしながら見てました。
一気に90分突っ走りましたね。
役者の力も大きい。
ほんと親には呆れてものが言えませんでした。
あなた達のエゴでしょう!って。。
しかし脚本の完成度が凄い。
M谷さんはジーニアスですね。
来年ももろもろ、よろしくお願いいたします。
どうぞ良い年を~i-189
  • 2011⁄12⁄28(水)
  • 20:41
  • [edit]

straycat さま

中だるみすることもなく、濃い90分でしたよね。
ホント、ヒヤヒヤして観てました。

こちらこそ、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します m(__)m
  • 2011⁄12⁄28(水)
  • 22:36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。