スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

半衿付けは…

簡単に簡単に。
だって面倒くさいじゃないですか


昔のブログ(サッサと削除済み)では
 しっかりした付け方を載せてましたが
 こちらは手抜き用。

仕立てを頼む時は三河芯と半衿も付けてもらいます。
プロはしっかり付けてくれるので
それをいちいち外したりなんて勿体ないのでしません。
付けてあるのはそのままキープ、
もっぱらその上に簡単にザクザクッと縫い付けます


半衿(1) ② 半衿(2) ③ 半衿(3)

① まずは外側。付いてる半衿の上から
  大きい針目(5~6センチw)でザクザクと。
  (ワタシはもっぱら絹の仕付け糸使用)

② 縫い終わりは直角に刺して糸を10㌢くらい残して切る。
  (すぐ外せるし、何度も使う為 玉結びはしない)

③ 内側は、衿肩開きをひっぱり、併せて両端も伸ばし気味に。
  衿肩周りだけ絎け縫いで後は大針でザクザク(笑)

  付いてる半衿に幅を合わせて付けると
  布目の力が逃げないので衣紋の所にシワが寄りやすいです。
  衿先に向かって半衿の布目に逆らわずに斜めに
  (衿に沿って真っ直ぐ付けたいときは、衿肩開きにタックを取ると良いです)


時間がなかったり、面倒くさくて半衿付けが億劫な時だけ元の衿のまま。
それはタマになので元の衿はあまり汚れません(笑)

いちいち丁寧に付けてたら着物着るの億劫になりますし
半衿は1~2度で洗った方がキレイが長持ちしますもん


category
着物

Comment

うん!

ほぼそんな感じかな・・・

半衿付けする時間がなくて
付いている白衿のままだと なんとなく下着で出かけているような気になるのは私だけ?(爆)
  • 2011⁄08⁄10(水)
  • 08:31

半襟

めったにつけない私は無精者です。
夏物の半襟は持ってないし。おしゃれじゃないな、と思うけど。
英さんの襦袢を着て、そく洗う。
袷の時はたまにつけるようになりましたが。
縫い止めを直角に、はなるほど、と思いました。
  • 2011⁄08⁄10(水)
  • 09:40

じゅんちゃんさま

そうそう、元の半衿のままだと
衿元が薄っぺらい感じがします。
熟女はふっくらした衿元がナイスです(笑)
  • 2011⁄08⁄10(水)
  • 10:48

金魚さま

この写真は麻の紋紗ですので絽の半衿が付いてます。
5月の暑い時には塩瀬を付けたりして長く着てますよ。
英さんの襦袢も元の衿がくたびれるのを防ぐ意味でも
半衿被せて使用してま~す。

> 縫い止めを直角に、はなるほど、と思いました。

何度も縫い糸を使う為です。一回ごとじゃ勿体ない(笑)

  • 2011⁄08⁄10(水)
  • 10:55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。