スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

フィルムの中の永遠

【追記】

まだ新幹線の全面復旧はなりませんが
地元のJRの支線は気仙沼まで運行しているようですし
バスが本日より運行開始だそうです。
Uぱっくも先週から自宅まで配達してくれるようになり
安堵しております。

不自由してませんか?いつでも送りますよ☆と
お申し出下さったネッ友の皆さま、ありがとうございます
中には、関西のご実家からウチの実家に直に送りますよと
メールを下さった方もいらして、涙腺決壊寸前でした。
皆さまのお心遣いに感謝感謝であります



↓に続き これも先月末のお話。


中止になった文楽のリベンジは文楽で!
まだまだコチラがある!!

会期ギリギリでしたが
なんとかセーフで間に合いました。


冥途のポスター

写真美術館で上映されていた「文楽 冥途の飛脚」

こちらの映画は「昭和54年、京都・U秦撮影所に精緻な舞台セットを作り上げ
-中略ー 主要な出演者全員が、当時および後に人間国宝という、まさに昭和を代表する
偉大な名人たちの出演によって撮影されました」←解説より
…と言う事で
いやぁ、当たり前なんですが、みなさんのお若いこと!
M助さんとかまじまじ見ちゃいました(笑)

この話って、悪い人は出て来ないんですよね。
八右衛門だってわざと悪役を買って出てるのに
コイツはもぉ~ 
自分の情けなさを他人の所為にするんじゃない!
ま、愛に死ねるならいいのかな(笑)

二世K十郎さま、ようござんした♪
やはり主役より、味のある脇役に目がいくワタシです。


category
観た見た聴いた

Comment

うん。
やっぱり、T女はT男さんの域に達するにはまだまだ…
そんなことをつくづくと思いましたです。

T男さんとM助さんの『曽根崎心中』なんて そりゃぁもう!!!
  • 2011⁄04⁄04(月)
  • 08:03

Uパック復旧良かったです。
直接届けれらるというのは、心強いですよね。
私だったら、なんか変なものまで送ってしまいそうです。

冥土の飛脚も良かったです。
これで、5月の文楽をどうにも観たくなっているのですが、ウィークデイに発売されると、まともな席はなかなか手に入らないので、入手経路を思案中です。
  • 2011⁄04⁄04(月)
  • 22:44
  • [edit]

じゅんちゃんさま

>じゅんちゃんさま

あはは、T女さん、2月は手足がバラバラでしたね (^-^;;
でも、こうしてT男さんを観られてよかったです。
  • 2011⁄04⁄04(月)
  • 23:49

のの吉さま

>のの吉さま

おかげさまでボチボチと復興は進んでるようです。
ウチの老母、何が欲しい?と聞いた所「本」と答えましてねw
ま、ワタシの親だなとは思いましたが…送りましたよ。
リクエストされた「ためしてガッテン」の新刊を(笑)

5月の文楽行きますよ~☆ 平日ですけど (^-^;;
  • 2011⁄04⁄04(月)
  • 23:59

住大夫さん、お声が若い!
何度もしつこいけど、皆さん若い!!

これを観た後で演舞場だったから
T十郎さんの情けな~い忠兵衛が
T男さんの忠兵衛と重なって面白かった~
  • 2011⁄04⁄05(火)
  • 10:04

櫻子さま

>櫻子さま

いつも住大夫さんの時は床に目が行くんだけど
こちらは正面にババーンとお顔がっ!
いやいや、艶がありましたねえ~♪

演舞場も楽しみです。もちろん天井からですが(笑)
  • 2011⁄04⁄06(水)
  • 09:43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。