スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

’11.3月の本

すこ~しずつアップ、読書の記録

やはりガタっと読む量が減りました。
活字を見ても頭に入って来ないんですもん。
ま、今はずいぶん元に戻りましたけどね


『薄妃の恋―僕僕先生―』 by 仁木英之
 外見は少女の仙人と普通のやや軟弱な青年・王弁の
  (途中、薄妃も加わった)珍道中。
  なかなか面白いチャイニーズファンタジー。
  仙人って どうしても亀仙人さまが浮かんじゃうんですが
  (言わずと知れた『DB』に出て来るじいちゃん)
  見た目が少女ってのはいいかも(笑)


『武士道セブンティーン』
 映画にもなった『武士道シックスティーン』は
  漫画で読んでいるので、小説はセブンティーンから。
  面白い! やぁ、いいなあ香織も早苗も…。
 
『武士道エイティーン』
 香織と早苗だけではなく、桐谷先生や
  吉野先生、後輩の田原などの視点からも書かれていて
  それはそれで面白かった。
  電車内で不覚にもググっときてしまいました


『約束―村山由佳の絵のない絵本―』 by 村山由佳
 本を読む気がおきません。
  本を開いても頭に入って来ないのです (^-^;;
  絵本なら…と手に取りましたが、これがよかったです。
  好きな本です。
  

★『そろそろ旅に』 by 松井今朝子
 十返舎一九の筆一本で立つまでの話。
  当時も飢饉だったり、浅間山の噴火だったり
  打ち壊しなどなど、いろいろ世情も騒がしかったのですが
  風任せな飄々とした生き方に ほほぉと…。


『小福歳時記』 by 群ようこ
 ハードカバーで持ち歩きには不便だったけど
  気楽に読める作品でした。
  やっぱり、この歳になったら習い事って追っ付かないと実感。
  楽器は早ければ早いにこしたことないですねえ。



※ ★マークは購入。

category
BOOKS

Comment

ただいま和歌の世界に沈溺ちう

3月はほとんど読めなかったけど
読了していない『古今和歌集』にくらべ
『山家集』はやっぱりいいなぁ…

今読んでいる『葉隠れ』では
「西行ごときは…」と全否定されているけどw(爆)
  • 2011⁄04⁄02(土)
  • 02:44

じゅんちゃんさま

>じゅんちゃんさん

和歌かぁ~。
秋になると詠みたくなるデス。
(お正月に百人一首!ってのの名残か?)
今は若い女子のイタイ話を読んでます。あぁ、イタイ×2(笑)
  • 2011⁄04⁄02(土)
  • 09:27

「そろそろ旅に」今読んでまーす。(^_-)-☆
  • 2011⁄04⁄03(日)
  • 15:50

櫻子さま

>櫻子さん

K朝子さん、以前の作品より
文体が柔らかくなったと思いません?
作品の種類によるからかしらん。
  • 2011⁄04⁄03(日)
  • 20:34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。