スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

秋の別会能

近藤K之助さんが観たくて×2 チケ取りしました。

久々、本格的な能の会です。
正午から6時ちょっと過ぎまで幽玄の世界に浸って来ました。
なんと、お囃子方から地謡の方々まで 皆さま裃姿でしたよ

【秋の別会能】
能「実盛(さねもり)」 シテ T山 孝道
 
狂言「鶏聟(にわとりむこ)」  Y本東次郎

仕舞「花月」「船弁慶」

能「葛城 大和舞(かづらき やまとまい)」 シテ 近藤K之助

仕舞「弓八幡」「三輪」

能「烏帽子折(えぼしおり)」 シテ H生 和英

あらすじ等はコチラをご覧いただくとして…
能って自縛霊が僧や山伏に成仏させてもらうものが多いですよね。
幽霊が自身の有り様(最後)を語って納得して成仏してるようにも
思えるのではありますが…
観劇の回を重ねるごと、こちらの理解も深まって行きます。

今まで観たいと思ってて縁がなかったY本家の狂言。
あはは、T次郎さんは気にならないのだけど
若い方達の歌うような上がって下がる語尾が 苦手かも
(ナマイキ言ってすみません  これも好みですから

あぁ、それにしてもK之助さん!
登場から その周りに吹雪が視えました。
でもでも、あと何回拝見出来るでしょうか。。。
(会場全体が固唾をのみながらK之助さんに視線が集中しておりました)

今回、唯一幽霊が出て来なくて子方(子役)大活躍の演目があり
やぁ~、かっこいい♪ 大の男たちをバッタバッタとなぎ倒し(笑)
こういうのは初めてお能を観る方にはおススメですよ~。楽しい♪
そして、ここで亀井パパと小鼓のO倉さんが演奏されてて
そちらにも注目の一番ではありました


なんとも分かり易く、楽しめる演目が揃った別会能ですが
空席もチラホラと(「葛城」辺りから埋まって来ましたけど)。
う~ん、もったいないなあ

category
観た見た聴いた

Comment

おお!

ホント、K之助さんのオーラはすごい!

>でもでも、あと何回拝見出来るでしょうか。。。

      ・・・まさに同感。

それにしても国立の定例公演などから比べると
何たるボリュームなんでしょ!

・・・お疲れさまでした。
  • 2010⁄11⁄30(火)
  • 20:17

シテ、ツレもわかったし、あの本のおかげで、能へも興味シンシンですv-290
  • 2010⁄11⁄30(火)
  • 22:09
  • [edit]

じゅんちゃんさま

もうね、K之助さんはみんなが注視してました。
地謡の方までもがハラハラと…。
4日の宝生でやるM次郎の会夜の部で仕舞をされますが
観ておいた方が良いかも~(狂言はM蔵さんです)
この日、ワタシは日生→演舞場なのよねえ~ (>_<)
  • 2010⁄12⁄01(水)
  • 01:41

リコさま

入門編(でもないけれど)には持ってこいですよね♪
あれで地謡の詞が少し理解出来ました (^-^)v
  • 2010⁄12⁄01(水)
  • 01:46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。