スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

5月の本

すこ~しづつアップ、読書の記録
相変わらず、片道読書なので量読めません

ドライアイはまだまだ完治しませんが
5月は2回程コンタクト入れちまいました
それよりも、目の周りのガサガサがなかなか治りません。
目薬のさし過ぎもいけないそうで、
ドライアイの目薬は1日4回なのですが
2回くらいに抑えてます。気長に構えてます(笑)




『幕末浪人譚 秘剣 念仏斬り」 by 鳴海 章
 勝麟太郎や佐久間象山、試衛館に坂本龍馬など
  幕末に活躍した人物は多々出て来るものの、メインは
  当時多かったであろう百姓の三男で江戸に出て来た男です。
  

『美晴さんランナウェイ 』 by 山本幸久
 え~と、密林の書評から↓
  叔母さんは、トラブルとともにやってくる。27歳未婚。
  定職ナシ。男を見る目ナシ。いつも厄介を引き起こしては
  投げ出して―『笑う招き猫』の山本幸久が描く“居候美女”の
  痛快爽快・逃げっぱなし人生。
  …すでに記憶の彼方に(笑)

『お坊さんが隠すお寺の話 』 by 村井幸三
 GWに従弟が45歳の若さで亡くなり、お坊さんのいない
  音楽葬で見送ったので、タイムリーなタイトルでした。
  日本独自の葬式仏教…仏教の未来は明るいか?


『雑学のすすめ』 by 清水義範(え・西原理恵子)
 雑学好き、画伯の絵も好き♪
  画伯の絶滅して欲しいもの3つに大笑い


『正しい大阪人の作り方』 by わかぎゑふ
 同じ関西でも京都・大阪・神戸とは大違いだそうで
  その違いをいろいろ教えてくれる一冊です。


幕末維新傑作選 最後の武士道』 by 津本 陽
 有名無名取り混ぜて、武士道を追求(?)した人々の話。
  他の時代小説では書かれてなかったけど、新選組での刃引きした
  真剣を使った稽古など壮絶。折れた刃が顔中に刺さって、
  毛抜きで抜いてからじゃないと顔も洗えないって!
  やはり、本筋以外のところに目がいくワタシです(笑)



category
BOOKS

Comment

やっぴーさん、こんにちわ。
月末のオタノシミコーナー、今回もじっくり拝見させて
いただきました。片道読書の割には結構読んでらっしゃ
るわ~ 
目を大切にしつつ、でもがんがん読んで、また紹介
してくださいね。こちらは、老眼がらみで難儀して
おります。
  • 2010⁄06⁄03(木)
  • 05:10

あはは!

自慢ぢゃないけど 先月も1冊だけ!

ところで 例の本、T姐のとこに預けとく?
  • 2010⁄06⁄03(木)
  • 09:08

sogno さま

こんにちは~ (^-^)/
トンと忘れたりして今回も抽象的な文ですみません。
もうちょっと書評らしいのを とは思いますが 無理~(笑)

目…ワタシも三重苦なんですよ~。
(近視&乱視&老眼)
  • 2010⁄06⁄03(木)
  • 10:18

じゅんちゃんさま

移動読書室(電車)をあまり利用されなかったのだから
しょうがなかんべぇ (^_-)-☆

> ところで 例の本、T姐のとこに預けとく?

そちらまだ読む予定がなければヨロシクです。
今日からマキアヴェッリ読みま~す☆
  • 2010⁄06⁄03(木)
  • 10:26

三重苦

あっても、読んでいらっしゃるわ
私も一緒なので、なかなか進みません。
目の周りのかゆみは、ようやく治りました。

雑学のすすめと正しい…、面白そう♪
  • 2010⁄06⁄03(木)
  • 11:01
  • [edit]

ドライアイ

こんにちは! 私もドライアイ気味。湿度が高くなっても乾くなんて、歳だなあなどと思いながら…。
まぶたの上に蒸しタオルを置くと、マイボーム腺という脂分を分泌する腺が開いて、楽になるそうですよ。もう試していたら余計なコト、ゴメンナサイ(めぐリ何とかという市販品もありますよね、そういえば)。
  • 2010⁄06⁄04(金)
  • 00:58
  • [edit]

リコさま

活字中毒なので、読まないって選択肢はないんです(笑)

> 目の周りのかゆみは、ようやく治りました。

リコさんもでしたか。
皮膚科に行ったら、アイメイクはキッチリ落とさなくていいって
お医者様から言われました。それ以来ちょっと治まって来ました。
でも、まだステロイド入りの薬が離せません (>_<)
  • 2010⁄06⁄04(金)
  • 09:21

神奈川絵美さま

まぁ、絵美さんもドライアイでしたか☆

> まぶたの上に蒸しタオルを置くと、マイボーム腺という脂分を分泌する腺が開いて、楽になるそうですよ。

わ、知りませんでした (@_@)
ありがとうございます~♪
角膜についてる傷がなかなか無くならないんですよね。
  • 2010⁄06⁄04(金)
  • 09:28

お大事に!

「もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵」ってタイトルを思い出しちゃうなぁ。
(20代の頃は椎名さんにハマってたの)
10月にK四郎さんで「ローマ人の物語」があるけど、
予定してます?ちょっとお安くなるんですが。
  • 2010⁄06⁄04(金)
  • 10:39
  • [edit]

芙紗子さま

> 「もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵」ってタイトルを思い出しちゃうなぁ。

ひゃあ~、すっげいタイトルですね (@_@;
でも、なんかツボっちゃう~(笑)
おかげさまで治って来てますんで大丈夫です。
自業自得なんですよ(笑)

「ローマ人…」は三谷幸喜×戸田恵子の前に吹っ飛びました(爆)
あっ、新感線の申し込み×2!
  • 2010⁄06⁄05(土)
  • 02:55

読書

私も三重苦です。ドライアイがないだけ、ましなのかなあ。
「正しい大阪人のつくり方」は面白そうです。
図書館へリクエストしてみようかなあ。
今借りているのが「更年期少女」ちょっと不気味な表紙です。まだ読んでないけど、どんなだろう。
  • 2010⁄06⁄05(土)
  • 13:35

金魚さま

あら~、金魚さんもですか?
じゃ、この間はコンタクトでした?

> 「正しい大阪人のつくり方」は面白そうです。

サラッと気軽に読める一冊です (^-^)b
へぇ~、「更年期少女」…ググってみたらミステリーなのね。
カバー絵は松苗Aけみさんみたいに見える~。
  • 2010⁄06⁄06(日)
  • 08:21

美晴さんは私も読んだけど、やっぱりあまり覚えてない…
清水義範さんは「永遠のジャック&ベティ」を何度も読み、
読むたびに爆笑(^O^)

鋼鉄番長にT田さん×3谷さん、私もチケット取れるといいなあ
  • 2010⁄06⁄07(月)
  • 09:01
  • [edit]

れいうささま

> 美晴さんは私も読んだけど、やっぱりあまり覚えてない…

現実逃避が得意な傍若無人の叔母さんなんですよね。
最後のストーリーが姪っ子じゃなく甥っ子目線だったのが残念!

> 鋼鉄番長にT田さん×3谷さん、私もチケット取れるといいなあ

とりあえず番長は3個エントリーしました。
戸田×三谷はこまめにネルケをチェックしとくといいかも!
  • 2010⁄06⁄07(月)
  • 21:51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。