スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

闇爭=だんまり

すみませ~ん、連チャンです

13日

久々、過ごしやすい一日でした。
ここ最近のお出かけは、お天気に恵まれてます~




第一部

一、御名残木挽闇爭

  もうもうワタシの今月のメインはこれです(笑)
  お席はもちろん祐経のお仕事がよく見える一階東側
  庵に木瓜の柄の衣裳がステキだわ(笑)
  さまの声でちょっとありゃりゃとなりますが
  一線で活躍中の御曹司達の競艶…眼福×2

  32五郎さんとトッキーさん、S雀さんが
  悪童達を取りまとめる保護者って とてもピッタリな感じです。
  (他の幹部連中は自分たちからしてやんちゃなイメージだもん…笑)


  幕が降りた後、後ろの若い子達の話。
  「ねえねえ、真ん中の赤くて目立ってたの誰?」
  「S5郎しか分かんない~」「あ、4doはしゃくれだから分かる」
  「32五郎ってK藤Sトの元ダンナって事しか知らな~い(笑)」
  「黒いの着てたのがそうでしょ?」
←いや、それはS6さんだから
  なんか、振り向いて教えて上げたかった(爆)



二、熊谷陣屋

  こちらも楽しみでした。キッチーさんの熊谷…泣けます。
  その前に相模と藤の方のやりとりで もうウルウルです。
  ホンネとタテマエの相反する感情が迫って来ますよね

  熊谷は僧となって菩提を弔いながら流浪するのでしょうが
  相模はどうするんでしょう? 
  最愛の息子も夫も目前から居なくなるって…ねえ。
  う~ん、尼になる…のか?
      


三、連獅子

  幕が上がると同時くらいにハエが一匹飛んでましてね。
  思わず「あ、ジジンちゃん(十七代)」と心の中でつぶやきました

  息子達が力を付けたからか より迫力が出てたと思います。
  仔獅子が谷底から這い上がって来た時の親獅子の表情!
  クールに心配していた顔が ふわっと少し微笑むんですが
  上手いですねえ。情が出てましたねえ。
  今回、勘3郎さんと7クンがよりシンクロしてましたよ。
  カンタロクンはホンのちょっとタメが効いてたみたい

  終演後、お隣の奥さまが「何回廻してました?」と聞いてこられましたが
  夢中で観てて全然数えておりませんでした~




category
観た見た聴いた

Comment

ホント(笑)

親に恵まれた御曹司タチとお孫サマ・・・

幸せなさよなら公演でしたねぇ。
  • 2010⁄04⁄20(火)
  • 03:57

あっ、その蝿は!

ぜったい十七代目!!
不思議だけど必ず現れるんですもの。
う~ん、連獅子だけは観たかったなぁ。。
  • 2010⁄04⁄20(火)
  • 09:39
  • [edit]

じゅんちゃんさま

> 幸せなさよなら公演でしたねぇ。

3年後(?)今度は幸せな「こけら落とし公演」ですわね。
きっとまた一年がかりなんでしょうねえ (^-^;;
  • 2010⁄04⁄20(火)
  • 23:53

芙紗子さま

> ぜったい十七代目!!

ですよねえ~ (^_-)-☆
連獅子、部長に観せたかったあ~♪
大盛り上がりでしたよ。
5/7に中村屋さんのいつもの番組ありますね。
  • 2010⁄04⁄21(水)
  • 00:04

一部

チケット取れず、一部はあきらめました。
やっぴーさんのブログで、見た気分を味わいますv-354
  • 2010⁄04⁄21(水)
  • 22:40
  • [edit]

リコさま

> チケット取れず、一部はあきらめました。

あ~、残念でしたねえ。
でも今月は(今月も?)どれもハズレなしですもんね♪
そのうちシネマ歌舞伎で…あるかもしれない (^-^;
  • 2010⁄04⁄22(木)
  • 00:52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。