スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

浅草の芝居小屋

私にしては珍しく、平日昼に歌舞伎です。
見たかった「平成中村座」のCプロの土日は完売で
チケット買えなかったのですもの 

でも、仕事三昧の日々、たまにはこういうのも良いよね?
歌舞伎がハネた後、ちゃんと人形焼き買って仕事行ったも~ん

Cプロは、忠臣蔵の「大序」から後、脇にそれ
加古川本蔵一家に焦点を当てたサイドストーリー。
以前見たキッチーさんの本蔵と芝翫さんの戸無瀬の
「山科閑居」が感動モノで
ぼろぼろ泣いてしまったのを覚えています。
今回、ニザさまの本蔵…いやが上にも期待が高まります

思い出しつつ、書いてます 
間違ってたらご容赦を…。







大序:鶴ケ岡社頭兜改めの場

 幕が開くと、まるで錦絵のようにきれいでした

 私、浅葱色の衣裳の橋之助さんが塩冶判官と思いましたが
 違ってましたか?(ちと、自信ない 
 だって顔世御前とやりとりあったし…
 でも、次の二段目で若狭之助で出て来るから、この場も
 若狭之助だったのかしらん。

二段目:桃井館力弥上使の場

 戸無瀬の勘三郎さんが、生さぬ仲の母親らしく
 小浪に気を使ってるのが微笑ましかったです。
 力弥の新悟クン、ちょっとナヨっちかったなあ

同:松切りの場

 若狭之助の橋之助さん登場、怒ってます 
 本蔵のニザさま、シブいです~

 松を切るのは、松脂で刀を抜き難くするからかしら?と
 私なりに解釈してるんですが、どうでしょう?

 馬に乗って花道をゆっくり疾走するニザさま 
 とてもとてもステキでした~

三段目:足利館表門進物の場

 早い話がお家の大事で賄を渡す所なのですが
 イヤらしい感じや下卑た感じは無く
 必死さが伝わって来てました。

同:松の間刃傷の場

 いやぁ、勘太郎クンがんばってました。よかった 
 そして、つい立ての後ろでず~っと息を殺して伺っていた
 本蔵ニザさま、つい立ての後ろでも待ちの演技を
 してたんでしょうねえ。
 この時ばかりは桜席の皆さまが羨ましかったです。

八段目:道行き旅路の嫁入

 唯一の舞踊。
 これまた、戸無瀬と小浪の道行きなのですが
 花道を行く時に義理の母娘の一途さが伝わって来ました。

九段目:山科閑居の場

 いよっ、待ってましたっ 
 出の部分、残念な事に戸無瀬の足下に雪が見えませんでした。
 後ろを行く従者の方々は雪道を歩いてたんですけどねえ。
 ですが、全体的に勘三郎さんの抑えた芝居はよかったです。
 抑えすぎてちょっと物足りなさもありましたが
 その分、小浪の七之助クンが目立ってましたし
 とにかくニザさまが絶品でございました 
 力弥がずいぶん凛々しいなあと思ったら
 この段は勘太郎クンでした 
 
category
観た見た聴いた

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。