スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

2月の本

すこ~しずつアップ、読書の記録

何は無くてもやっぱり活字が好き♪
(毎度の事ながら数字はキラい…




『夢顔さんによろしく 最後の貴公子・近衛文隆の生涯 上下』 by 西木正明
 近衛文麿公は知ってましたが、その子息の文隆(ボチ)は
  知りませなんだ。ドキュメンタリーノヴェルというくくりの
  小説なのでノンフィクションとも違うのですが、ボチさんは
  とっても魅力的な人物に書かれておりました。
  で、彼はその破天荒な性格が災いし、従軍する事になり、
  ひいては捕虜になってしまい、いわれのない政治犯として
  25年の刑を受け、結局は毒殺されてしまう。
  うわぁ~、生き残って帰国し、政界に出ていたなら…って
  歴史に「たら、れば」は詮無い話ですが、ついついそれを
  想像してしまう人物でした。
  彼が生きていたなら日本はどんな方向に行ってたでしょうか?
  それにしても某国には底知れない不気味さを感じてしまいました


『コールドケース』 by 吉村達也
 自称「透視捜査官」がテレビの番組でコールドケース(=未解決事件)を
  超能力で解明する。が、彼こそ30年前に女性焼死事件の容疑者として
  疑いをかけられた男だった…。元刑事の執念は時効成立となった迷宮
  入り事件の真実にたどり着くか?
  誰が主役か散漫とはしてましたが、楽しめるミステリーでした。


『殴る女』 by 荻野アンナ
 タイトルに惹かれて手に取ったハードカバー。
  う~ん、荻野さんてB型? 
  とても感覚的な内容でちょっと苦手かも
  ワタシもB型ですが、もっと分かりやすい方がいいな(笑)


『ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3』 by 田中啓文
 金髪トサカ頭の落語家の卵・笑酔亭梅駆のてんやわんやな
  内弟子生活の第三弾。
  ミステリーだけど血なまぐさいドロドロは無くて
  更に登場人物が実在の人物にキャラを借りてて、
  あぁ、これはあの人だ!とかいろいろ楽しめました。
  また、落語のネタに絡めて噺が進むのも勉強になって
  面白かったです。上方落語もいいなあ♪


★『秘花』 by 瀬戸内寂聴
 寂聴さんが書く世阿弥。
  72歳で佐渡に流罪となる所から始まる世阿弥の来し方行く末。
  能って80~90%が幽霊とか出て来るんですけど。それを確立したのは
  観阿弥で、それはその当時の新しい風だったと言う事…勉強になるなあ。
  以前、読んだW辺 J 一氏の『秘すれば花』は
  ワタシ向きではなかったですが
  こちらは、寂聴さんならではの時に生々しいくらいの筆致が
  飽きずに読めて面白かったです。
  また、能の作品がいろいろ出て来てそれもまた良し♪

  世阿弥の老麗な姿が、M井今朝子さんの「家、家にあらず」の
  歌舞伎役者・荻野沢之丞にイメージがカブるんですよねぇ(笑)
  やっぱり、そっち方面て似てくるんでしょうか?


※「★」マークのみ購入。



category
BOOKS

Comment

あはは!

珍しくかぶったw

愛する人の骨を少しずつ食べた・・・ってとこにゾクっときましただ。

って、今月は引篭もりにつき 活字はさっぱりですわ。(泣)
今日 電車で1週間ぶりに読みかけの本の続きを読みますた。
  • 2010⁄02⁄28(日)
  • 18:10

No title

楽しみなこの記事。毎回興味深いです。
たくさん読んでますね!寂聴さんの「秘花」、読んで
みたくなりました。
  • 2010⁄02⁄28(日)
  • 19:36
  • [edit]

じゅんちゃんさま

はい、こっちの世阿弥はおもしろかったです。
でも、あの時代にあれだけ生きられたのはスゴいとしか。。。

はい、ワタシも家に居ると本は読みませ~ん(笑)
  • 2010⁄02⁄28(日)
  • 22:29
  • [edit]

sogno さま

ありがとうございます~。
自己満足の記事なので
そう言っていただけるとうれしいです (^-^)

じつは、今月のおススメは西木さんだったりします(笑)
  • 2010⁄02⁄28(日)
  • 22:32
  • [edit]

No title

すみません、しつこくて。

私も家で本が読めないタイプなんで、つい
嬉しくて(?)コメントしちゃいました。
電車か喫茶店が殆どです。
西木さん、今度探してみます!
  • 2010⁄03⁄01(月)
  • 18:55
  • [edit]

sogno さま

いえいえ、コメントは何度でもうれしいです♪

家に居ると雑事に気を取られて集中できませんもんね。
電車内とか喫茶店とか、そこが図書館です(笑)
  • 2010⁄03⁄01(月)
  • 23:13
  • [edit]

おすすめ

最近とんと読書が進みませぬ…
今月のおすすめ、西木さん、私も探してみます♪
  • 2010⁄03⁄01(月)
  • 23:31
  • [edit]

数字嫌い

こんにちは。私も活字好きで数字嫌い・・・。この時期、つらいです(進捗はいかがですか)。
でも最近、読書していないなあ。文章を書く方で精いっぱいな感じです。
  • 2010⁄03⁄02(火)
  • 00:17
  • [edit]

リコさま

忙しいとなかなか読書までは難しいですよね。

西木さん、よかったですよ~。
これって、四季の「異国の丘」ってタイトルで
上演もされてるようです(ずいぶん脚色されてるようですが)。
  • 2010⁄03⁄02(火)
  • 09:59
  • [edit]

神奈川絵美さま

なんとか、なんとか目鼻が立ちましたっ♪
あとは帳簿をプリントアウトして税理士さんへ~。
(ここで、すぐにはプリントアウト出来ない事が判明。
 うぁ~っっ、持って行くのがまた伸びる~。。泣)

読書には30分とか1時間とか まとまった時間が
欲しいですもんね。やはり電車の中が一番?(笑)
  • 2010⁄03⁄02(火)
  • 10:08
  • [edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。