スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

12月の本

すこ~しずつアップ、読書の記録

年々集中力や持続力が落ちて来ており
今年はペースダウン…トータル81冊でした。
今、手元に面白い新撰組の本を持ってるんですが
ヒマがなくてなかなか読了出来ません
年またぎになっちゃいましたねえ~(笑)



『鬼に喰われた女 今昔千年物語』 by 坂東真砂子
 平安の後期、まだ鬼や魑魅魍魎が跋扈していた頃の
  それこそ鬼に喰われたり、生霊に関わったりの
  ちょっとおどろおどろしい話の短編集。
  
『べらんめぇ! 水底の死美人』 by 鳴海 丈
 そうそ、時代小説はこんな感じで
  瓦版屋の手伝い・修吉を軸とした捕り物の話なんだけど
  気楽に読めてあっという間でした。
  肩凝らなくっていいですね。通勤時向き♪

『ちんぷんかん』 by 畠中 恵
 お待たせしました“しゃばけ”シリーズの文庫版最新刊。
  若だんなが賽の河原に行っちゃったり、
  松之助に縁談が来たり、陰陽師が出て来たり、
  そうそう、おっかさんの若い頃の話もあったな
  最後の「はるがいくよ」はじんわりと切なかったです

『陰陽師 夜光杯ノ巻』 by 夢枕獏
 するすると読めちゃいます。
  やっぱ安倍晴明は好きだなあ、シニカルでさりげなくて(笑)
  源博雅も朴訥でいい味出してます。ほっこり(爆)しました。

『「イタい女」の作られ方―自意識過剰の姥皮地獄』 by 中村うさぎ
 女の敵は女。イタイ女になってタタかれない為には
  姥皮を被って自虐的に過ごした方が利口というものである。
  …みたいな。その考えは共感できるし、いい事言ってるんだけど
  疲れてる所為かちっとも頭に残んなかったでした
  ホントにいい事書いてあったのよ。

『吸血鬼はお年頃』 by 赤川次郎
 気楽に読めるな~と思ったらコバルト文庫だった
  あはは、どうりで

『吸血鬼株式会社』 by 赤川次郎
 吸血鬼シリーズの第二弾。
  疲れた頭にはこういう するする読めるのが楽でいいです。
  でも、もうコバルトって年でもないんですけどねえ(笑)


あぁ、鬼とか妖とか陰陽師とか吸血鬼とかって
なんか今月は妖怪っぽい本ばっかり~


category
BOOKS

Comment

No title

安倍晴明文句なしかっこいいですよね。女子供妖怪にやさしいし。私の中ではビジュアルは岡野玲子で固定されてしまっています。。

本年中は地味な私のブログに何度もコメントをありがとうございました。
いまだ大掃除中で”ほっこり”落ち着くまでは時間がかかりそうな状況ですが、ご挨拶までと思いました。
来年も宜しくお願いいたします。
  • 2009⁄12⁄31(木)
  • 09:22
  • [edit]

時代物

時代物、結構好きですが、鳴海 丈さんのは読んだことがありません。
今度本屋で探してみましょう。
私にとっての晴明は、萬斎さんですv-344

来年も、やっぴーさんの読書日記、楽しみにしています♪
  • 2009⁄12⁄31(木)
  • 17:36
  • [edit]

のの吉さま

お~、岡野玲子さんの晴明もカッコいいですよね。

こちらこそ、楽しませていただきました。
またコアなお話期待してます♪
大掃除…開き直って諦めました(笑)
一人で掃除も買い出しもムリ!
ま、そこそこでいいかな~(爆)

ことしもよろしくお願い致します m(__)m
  • 2010⁄01⁄01(金)
  • 01:03
  • [edit]

リコさま

鳴海丈さんのは結構取っ付きやすいですよ。
そうっすね、萬斎さんもいいっすよね☆

あはは、いつも訳分かんない感想(?)でごめんなさいです。
ま、自分の覚え書きなんであんま期待しないで下さいね~(^-^;;

ことしもよろしくお願い致します m(__)m
  • 2010⁄01⁄01(金)
  • 01:09
  • [edit]

あ!

寝室のwaxがけに気をとられていたら
鏡台まわりのお掃除忘れ散った


今年もトリ散らかりのじゅんちゃんどえ~っす。

よろしゅうにww
  • 2010⁄01⁄01(金)
  • 03:07

じゅんちゃんさま

あらら、それは×2 (^-^)
ウチには鏡台が無いのでそれは大丈夫でしたが(笑)

観劇以外はまったりゆっくりな年だと思います(いつもか?)
ことしもよろしくです~ (^0^)/
  • 2010⁄01⁄02(土)
  • 20:33
  • [edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。