スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

実家の本棚

戦中戦後に青春時代を過ごした年代に共通かもしれませんが
知性(教養?)に関して貪欲な欲求のある我が老父。
実家は昭和40年代建築特有の応接間があり
応接三点セットに本棚(中身は全集がびっちり)の
拵えでありまして、その本棚を埋めてある中身…
その中身をちょっとメモって来ました。

『完訳日本の古典』60巻
『日本の歴史』26巻
『現代日本文学全集 』(70巻以上あり)
『ブリタニカ国際年鑑 』(1970年代からあり)
他、仕事関係の本やら法律関係から議事録からいろいろ

ワタシの食指が動くのは『完訳日本の古典』だけかなあ(笑)
『日本の歴史』は好きな時代だけ かいつまんで読んだ記憶あり。
装丁が古色蒼然たる『現代日本文学全集』は 現代と言いつつ…ふるっ
もう見ないんじゃないかと思います。
そしてブリタニカ…なんで入ってるんだろう?
本棚に入れてある事がステイタスだったのかも…。

今度、全部読んだのかどうか聞いてみよう(爆)





老父の件では ご心配をおかけしておりますが
相変わらず食欲無く、寝たり起きたりのようです。
どうも何回か同じような事があり、
その間隔が短くなって来ている様子。。。
これを機に精密検査をしてほしいところですが
なにしろ違った意味でヘタレだもので…(苦笑)







category
由無し事

Comment

古典

すばらしいお父様ですね。私も「完訳日本の古典」に目が留まりました。娘の勉強に役立ちそうです。60巻もあれば、大体学校でするものは入っていそうだし。古文、聞かれてもさっぱりわからないです。適当に答えて、娘はますます混乱してます。
  • 2009⁄08⁄20(木)
  • 10:40

似ている

知性に対して貪欲・・・わかります~
うちの実家の本棚も同じようなラインナップでした。
加えて、レコード盤も「世界の名曲集」みたいなのがあって、
私も自分の好きな部分だけ見たり聞いたりしてましたね。
祖父母の家の本棚には、姉妹社発行の「サザエさん」がぎっしり詰まってたりして、
それもひとつの知識欲の表れなのかな~、と思ったりしました。

私の父も相当なヘタレです。
激動の昭和を生き抜いてきたはずなのにな~
  • 2009⁄08⁄20(木)
  • 14:28
  • [edit]

No title

うちの実家にもなにやら本がいっぱいありました。
父が無類の本好きで、それはそれはい~っぱい。
ちゃんとはチェックしていないけれど、さすがに完訳古典は無かったような気が・・・歴史物は好きなようでたくさんありました。
そうそう、「暮しの手帖」が創刊号から数年前の分まで、ぜ~んぶありました。

お父様、ご心配ですね。
早く回復されますように・・・
  • 2009⁄08⁄21(金)
  • 04:15
  • [edit]

金魚さま

そうなんです、全集モノが大きな本棚にドカンと(笑)
別棟の離れには美術全集がこれまたドカンと(爆)
普段は文庫本推奨のワタシですが
老後の楽しみには大きい方がいいですね(特に字も) (^-^)b
  • 2009⁄08⁄21(金)
  • 09:12
  • [edit]

れいうささま

あぁ、レコード♪
「世界の名曲集」みたいの実家にもあります ((^-^))
バレエ漫画が好きだったのでチャイコフスキーとか
サンサーンスとか聴いてましたねえ。
父が聴いてたかどうかは…(笑)

あの「寝てれば治る」的は発想はねえ。。。
サッサと診断してもらってサッサと治した方が
周りに迷惑掛からないのに…と現代っ子は思うのですが(笑)
  • 2009⁄08⁄21(金)
  • 09:18
  • [edit]

uzuzさま

ハードケースに入った全集モノが本棚に並んでるのを見るのは
それはそれは嬉しい物に違いありません~。
男性は歴史物好きですよね。
父は「歴史読本」購読してましたもの~(^-^)b
そして見たい所だけかいつまんで読むワタシ(爆)

頑固一徹ほど医者には弱いようで~(笑)
  • 2009⁄08⁄21(金)
  • 09:25
  • [edit]

本棚

ウチにも全集が揃っていましたね。
でも、文学全集が多かったかな
百科事典は、平凡社のもの。
宿題でお世話になりました。あの頃は、ネットなんてなかったですものね(笑)
  • 2009⁄08⁄21(金)
  • 19:48
  • [edit]

リコさま

やはり、応接間には「三点セット」「本棚」「全集」は
必需品ですよねえ~(^-^)b

調べ物をするのに、ネット検索だと能があまり働かないらしいです。
辞書を繰ると能の前頭前野(前頭葉)が活発になるらしい。。。
やはり紙媒体は素晴らしい!?
  • 2009⁄08⁄22(土)
  • 00:23
  • [edit]

うちの実家

…にはなぜか「水戸光圀」全集があります。ドラマ「水戸黄門」のネタはここから拾っているのでしょうか。気になりつつ
一度も開いたことがありません。
そういえば、戦艦のプラモデルとかはありませんか? うちだけ? 全長70cmくらいのなかなかのものが飾ってあるのですが・・・(もちろん父自作)。
  • 2009⁄08⁄22(土)
  • 00:38
  • [edit]

No title

あったね~平凡社の国民百科事典!(笑)

実家の父は読書家じゃなかったので さほどじゃないけど、婚家の父のところは本で根太が落っこちてしまうほど ありとあらゆる(笑)全集が揃っておりましたです。
買うのが好きだったみたい。
今では逆に処分の方向へすすんでおりまする。

世界文学大系とか 古典文学全集とか子供の為に押し付けられたけど うち数冊を私が読んだだけという・・・(爆)
  • 2009⁄08⁄22(土)
  • 00:43
  • [edit]

神奈川絵美さま

さすが地元の有名人は外せないですもんね。
ウチの場合はもっと古いルーツとも言うべき
伊豆の豪族の本が入ってます (^-^;;

残念ながら昔ウチにあった木製の戦艦は消失してます。
あれは叔父の誰かが作ったんでしょうねえ。
ちなみに老父は短気を治すのに菊作りをしてました(笑)
  • 2009⁄08⁄22(土)
  • 09:21
  • [edit]

じゅんちゃんさま

ねえ、揃える事が好きなのよね。
ズラ~っと並んでるのを見るのが至福というか(笑)

物を捨てないからどんどん増殖の一途で…
(興味が替わるごとにいろんな物が増えて行く)
帰省の度に処分をあれこれ勧めてるんですけどね
この世代にはなかなか難しいようで (-_-;;
  • 2009⁄08⁄22(土)
  • 09:27
  • [edit]

実家の片付け

威厳を感じる背表紙ですね。
応接間には縁のない私ですが、うちも実家は本で溢れかえっていました。
2年前に片付けたときは百科事典をそぅっとゴミ置き場に持って行きました。お世話になったのに。
「日本の歴史」はグラフィック版ですか。それならうちにもありました。
歴史は年々変わるので、「日本の古典」だけ持って帰りました。
それから、「のらくろ」全巻も今は我が家の住人です。これって、お宝かな?
  • 2009⁄08⁄22(土)
  • 23:07

*165*さま

どうも~(^0^)/
百科事典などの辞書類は日々新しくなってますから
初版よりは何刷りでも新しい方がより正確でいいのですが
でも、一度購入したらず~っとそのままですよね。
「日本の歴史」…我が家のは厚めの新書サイズです。
もう多分読まないですね、古書店で買ってくれないかな~(笑)
おぉ「のらくろ」! お宝ですよぉ~♪
  • 2009⁄08⁄23(日)
  • 00:13
  • [edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。