スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

7月の本

すこ~しずつアップ、読書の記録

暑いっす、はかどらないっす。
でも今月は長編をたんまりと
( J ちゃん文庫から4冊お借りしておりました)


『脳の力こぶ 科学と文学による新「学問のすゝめ」』 
           by 川島隆太 藤原智美
 けっこう考えさせられる内容でした。
  勘違いな学校教育とか、ヘンな幼児教育の弊害とか。。
  でも、基礎をしっかり覚えさせて、それ後 応用っていうのは
  なんにでも共通して言える事ですよね。

『三国志(一)』 by 吉川英治
 今さら説明しなくてもいい古典。
  ついつい『レッドクリフ』のメンツを思い出して
  キャラを当てはめてるワタシ…でもイメージ違い(笑)
  映画は何となく陳舜臣さんの『三国志』っぽいような…!?
  ある日、夢中で読んで3駅も乗り過ごしてしまいました(爆)

『道絶えずば、また』 by 松井今朝子
 珍しくハードカバーで読みました~
  なぜか? そりゃもう、書架にあったから
  沢之丞が「道成寺」の鐘入りで亡くなる所からの始まりで
  前2作からのファンとしては、ちとショック!
  でも、ぐんぐん引き込まれてあっという間に読んじゃいました。
  ネタバレになるので多くを語れませんが、信心も行き過ぎると
  困ったちゃんになりますよね

『三国志(二)~(四)』 by 吉川英治
 相変わらず 脳内では “チャンチャンチャララン♪” と
  レックリのテーマソングが流れております(笑)
  曹操ってB型っぽいなあ。玄徳はO? もしくはABか。
  奸雄って言われるけど曹操は存外嫌いじゃないな。
  張飛はっぽいなあ、離ればなれになった玄徳にまみえる時など
  ちぎれんばかりに振る尻尾が見えるようです(爆)
  あまり政治方面に振りたくないけど、
  現代のこの国には小型の袁紹のなんと多い事…
  
  ワタシは たくさんの登場人物の中では夏侯惇がお気に入りです
  颯爽としてて、ブレなくて、讒言とかしなくて。。。

『アジア新聞屋台村』 by 高野秀行
 台湾、タイ、ミャンマー他、各アジア地域の新聞を発行している
  エイジアンに編集顧問として入ったライターの悲喜こもごも。。
  いろいろ彼女(彼ら)に振り回されるけど、最後の文がいいなあ。
 「誰かに必要とされるから何かをやるというのはエイジアン的ではない」
 「他人のために仕事をするのではなく、自分のために仕事をする」 

  なかなかそういうふっ切れた精神にはいかないのが日本人。
  ワタシもついつい仕事を人の所為にする時があるけど
  自分の為にやってるのよね。楽しまなくちゃね♪

 
category
BOOKS

Comment

♪♪♪

このところ立て続けに 松岡正剛を読んでいるんだけど
これまたyapyさんにオススメしたいような快作。

「ルナティクス」
「白川静 漢字の世界観」

対照的な筆に面白さが増幅。

それにしても 彼の多読ぶりには あらためて舌を巻きます。
  • 2009⁄07⁄31(金)
  • 03:03
  • [edit]

じゅんちゃんさま

松岡さんのはまだ読んだ事ないかも。。
月も漢字も好物です(笑)。
今は宇江左真理さんの本でどっぷり江戸に浸っております。
あぁ、ヴェネツイアの続きも読まなければ~~~(^-^;;;;
  • 2009⁄08⁄01(土)
  • 00:31
  • [edit]

三国志

息子から、オススメされていますが、なかなか長編に挑めません
ファンタジーなら長くても苦にならないんだけど(^_^;)
吉川英治さんなら、おもしろいでしょうね
  • 2009⁄08⁄01(土)
  • 15:19
  • [edit]

リコさま

三国志、おもしろいですよ~♪
今ちょうど赤壁のところです (^-^)v
ある意味ファンタジーかもしれません。
血煙で空が黒くなる…身震いしてしまいます。。。
  • 2009⁄08⁄02(日)
  • 01:57
  • [edit]

No title

『自分のために仕事をする』
ほとんどの日本人には、難しい考え方かもしれませんね。
そうしたいけど。
好きな仕事をしているだけでも上等かな。
  • 2009⁄08⁄02(日)
  • 23:35

*165*さま

そうそう、ついつい「自分は必要とされている」と思って
いろいろと尽くしちゃうのが日本人なんですよね。
常識は地域によって違うんですよね~(^-^;;
  • 2009⁄08⁄03(月)
  • 02:03
  • [edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。