スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

利口者は阿呆を演ずる

生まれつき高貴な身分の者

高貴な身分に上りつめる者

高貴な身分を投げ与える者

  :

  :

芝居に入り込んでた割にはうろ覚えなのですが
確かこういうような↑セリフが要所要所に…





『NINAGAWA十二夜』

2007年の再演時、歌舞伎座で観て堪能したので
今回のロンドンヴァージョンを楽しみにしておりました。

一言で言えば、ちっと端折った?

ま、シェイクスピアの本場に持って行くので
こういう古典のストーリーはご存知のはず…と
思っていたのかいないのか。
前回に比べて唐突感が否めない場面が少々


休憩明けの踊り部分が毛槍を持った若衆姿じゃなかったのが残念。
獅子丸の若衆踊りのふとした瞬間に琵琶姫の素顔が覗いて
大篠左大臣を恋しく見やる所が結構好きだったのですが

ま、なんのかんのと言っても大いに楽しんだのでした

十二夜に関してはいつもお席に恵まれまして
前回は「とちり」の真ん中。今回は更に前方の真ん中♪
船の舳先に乗っている主膳乃助が直ぐそこまで~
もうもう菊ちゃんの綺麗さが手に取るようにわかり
最初の出でげっそりしていた大篠左大臣が
獅子丸が出仕してから顔色が良くなったのも丸わかり
更には麻阿のちょっとした仕草や表情もしっかりと♪
そして改めて、翫雀さんてハマってるわねえ…と

願わくば、再演に再演を重ね古典と化していってください。



category
観た見た聴いた

Comment

かなり

同じくです~充分楽しみましたが。。。
「ちっと」ではなく かなり端折った印象を受けました。(苦笑)
ロンドン公演での時間的な問題なのでしょうか??
わずかな事で こんなにも違うなんて・・・。

嗚呼その台詞、大好き・大好き♪捨助!!

  • 2009⁄06⁄21(日)
  • 23:21
  • [edit]

絶対に

再演してもらわねば、泣いてしまう。。。(T_T)
  • 2009⁄06⁄21(日)
  • 23:41

思い出す・・・

幕が上がった時の衝撃やら
麻阿の快演やら・・・

音羽屋さんの古典にしちゃえばいい!と私も思ふ。
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 01:06
  • [edit]

オリジナル版を!

ふとした瞬間に琵琶姫の素顔が覗いて・・
こういうディティールに気付くと、楽しいですよね~♪

端折らないバージョンの再演を願いまする。
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 07:12
  • [edit]

再演

再演するでしょう!
これを再演しないでどうするの?と思いますね~
唐突感、まさにそう感じました。捨助の魅力半減。
再演はオリジナルバージョンでお願いします、松竹様。
皆さんの目のつけどころをチェックしながら、もう一度見たいですねぇ♪
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 08:05
  • [edit]

ロンドン後に変った?!

いよいよ凱旋公演ですね。やっぴーさんの感想、楽しみにしてました。

>ちっと端折った?

ロンドン用に短くしたんですか? あれでもちょっと長過ぎるのではないかと思いましたが。シェークスピアの劇を生で観たことなぞあまりないのですが(多分理解できない)、もう少し短いのが多いような気がします。

ロンドンでの成功でハクをつけて、これから何度もやってくれるといいですね。歌舞伎にぴったりの男女とりかえばや物語ですしね。
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 08:13
  • [edit]

牧野さま

はい、実際“かなり”な印象でした(笑)。
しょうがない…ですよね (^-^;;

そうそう、調子に乗って亀治郎の会のチケ取りしました♪
後ろの方の端っこですが、小劇場だからいいかな~って (^-^)v
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 22:28
  • [edit]

櫻子さま

大丈夫、きっと再演されるわよん (^-^)v
確証はないけどさ(爆)。
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 22:30
  • [edit]

じゅんちゃんさま

何年かは同じメンツで出来ますが
そのうち世代交代とか、マイナーチェンジとかするんでしょうねえ。
菊ちゃんと亀ちゃんと翫雀さんは、いつまでもそのままで(笑)。
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 22:32

芙紗子さま

今回の踊り部分は、青楓さんの振り付けだそうですが
最初から女踊りの感じを受けました。
例えて言うなら…オスカルが女装した感じ(笑)。
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 22:40
  • [edit]

れいうささま

そうなの、嵐の場面もニオベエと主膳乃助の場面も踊りも
あらら~っとコンパクトでした (^-^;;
全部盛り込むのは無理がありそうですが
なるべく繋がるように観たいですよね♪
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 22:43
  • [edit]

ロンドンの椿姫さま

お待たせ致しました~(^-^)/

時間の長さはもっともだとは思いますが、
お芝居の枠組みが歌舞伎なのでそれはしょうがないです。
なにしろ、ワンフレーズの間に見得があったりタメが入ったり
歌舞伎としての型があるのですから~ (^-^;;
本場のシェークスピア劇で2時間なら、歌舞伎はその倍かかると
思っていただければ…と思います。
型を外しちゃうと新劇や普通の演劇になって歌舞伎じゃないですもんね。

それでも王道の歌舞伎からは外れ、新劇でもない…
やはりNINAGAWA歌舞伎っていう
一つのジャンルなんじゃないでしょうかねえ?
  • 2009⁄06⁄22(月)
  • 22:52
  • [edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。