スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

着物で新年会(3)

日付はいろいろ前後致しますが
某日、ちょうど一年ぶり、今は無きコミュニティー
「着物サロン」の新年会がありました
着装コーディネーター・S島先生を囲んでの会です。

ほとんどの皆さまは一年振りですが
毎年同じ場所で行われてる所為でしょうか
ず~っと引き続きお会いしてたような印象。
この一年、各々いろんな事があったんでしょうけれどね



「30代半ばくらいから(アラフォー世代)
 ぜひ着物を着る事を薦めたいの。
 心身ともに変化してくる時期に、着物を着るという事は
 気力の充実に繋がるし、そして何より身体が丈夫に
 なっていくようですよ(腰を支えるのがいいらしい)。
 その頃から馴染んでおけば、老境にさしかかる60代以降も
 “どこに行く”か“誰に会うか”のコーディネートで頭を使い、
 着付ける事で手先を使うので、老け込むのをぐっと先延ばしに
 出来るわね」
                 →by S島S美先生


以上ワタシなりの解釈ですが(半分くらいは合ってると思う)、
このような事をおっしゃっておられました。
2月には『着付け革命』のDVDも発売されるそうです。
相変わらず精力的に活動されていらっしゃるご様子に
本当に頭が下がりますし、見習いたいと思います。

  先生と   サロン新年会

先生は、加賀小紋(江戸小紋じゃないの)の付け下げ。
独楽の柄のすくい織の名古屋帯。
ワタシは、義母の水引草の訪問着に葡萄柄の袋帯。
地味に思えて昨年はパスした訪問着を
今年は青の伊達衿をプラスして着てみました。

えへっ、お姉様からありがたいアドバイス~
伊達衿は白の羽二重がレフ版効果も上がって
顔色が一番良く見えて、華やかになるわよ~♪
…て。
なるほど~、メモメモ
来年の新年会には白の伊達衿姿が並ぶわね (爆)


毎年、同じお店での会なので
お料理もほぼ同じメニューなのですが
いつもとは違った盛り付けとお菓子の画像を…

お造り   お菓子





category
着物

Comment

なるほど・・・

>伊達衿は白の羽二重がレフ版効果も上がって
>顔色が一番良く見えて、華やかになるわよ~♪…

伊達襟は主張してはいけません。
それこそが「伊達」たる所以・・・

人生も、そういきたいものでありまするな。(爆)
  • 2009⁄01⁄18(日)
  • 00:14
  • [edit]

No title

白の伊達襟云々をお伺いして、おぉなるほどと思いつつ・・・
あれって、正装用ではないのですか?
おめでたい席なら、いいのかしら?
  • 2009⁄01⁄18(日)
  • 08:18

じゅんちゃんさま

あはは、やはりダメ出しもらいましたぁ~(^-^)b
山の手奥様への道はまだまだ遠い…。

いろいろ色を遊び尽くした人が行き着くのが
究極の白かと思います。
お姉様、半衿もすべて白しかしませんし~w
わたしゃ、まだまだ迷い道ふ~らふら~♪
  • 2009⁄01⁄18(日)
  • 22:20
  • [edit]

訪問着

水引草の訪問着、ステキですね♪
地味に見えるのかもしれませんが、私好きですv-63
半襟で、まだまだ遊びたいお年頃の私です(笑)
伊達襟も、上手く着付けられないし、白の伊達襟は、まだまだ遠いかも…
  • 2009⁄01⁄18(日)
  • 22:26
  • [edit]

uzuzさま

比翼と同じと考えれば正装向けでしょうね。
ま、伊達衿自体が若干正装風味をかもしてますからね
白だったら着物の色は選びませんし、
より使い勝手がいいんじゃないかしら。

ワタシが半衿や伊達衿を全部白にするには
もっといろんな色に挑戦してからになりそうです (^-^)v
(でも最近、白半衿の比率が増えました)
  • 2009⁄01⁄18(日)
  • 22:29
  • [edit]

リコさま

ありがとうございます。
義母が初釜用に作ったモノで珍しく身幅が標準(笑)。
水引草は初秋の花ですが、紅白でお目出度いので
時期外れでもOKですよね。
くすんだピンクでワタシの顔色にはイマイチなのですが
青の伊達衿と帯締めでブルーに転ばせております。

ふふふ、まだまだ行き着く所まで行けませんわね~w
  • 2009⁄01⁄18(日)
  • 22:44
  • [edit]

伊達衿・重ね衿・比翼仕立

伊達衿・・・重ね衿・・・比翼

難しいーー。
違いがどうも分かりません~ SOS。

留袖(江戸褄)と羽二重の重ね着の略式で 比翼に仕立て?
比翼でないものには伊達衿の白なのでしょうか。
重ね衿は単純に着物を二枚重ねて着ること
(それが 重なっていくと十二単になる)の
略式だと思っていました。

それより何より 一番の問題は
ワタクシ伊達衿、自分では着付け出来ません。
  • 2009⁄01⁄18(日)
  • 22:45
  • [edit]

牧野さま

え~っ、ちゃんと考えなきゃいけないかしら?
ワタシ面倒だから一からげでいいです~(^-^;;
伊達衿、出始めはここ30年くらいの事ですよね。
着けるの簡単ですよ、専用のピンで3カ所止めるだけだし♪
  • 2009⁄01⁄18(日)
  • 23:06
  • [edit]

先日は

お目にかかれて良かったわ~。
お着物もゆっくり拝見出来ないほど一瞬でしたが・・・w
でも、伊達衿はしっかり印象に残っておりますよ。
お姉さま方のアドバイスはそれはそれ。
yapyさんはお若いのですから、もっともっと遊んでくださいませ。
なかなかスケジュールが合いませんが、忘れられないように顔だけは出していこうと思います!よろしくね!!
  • 2009⁄01⁄19(月)
  • 11:04
  • [edit]

つかささま

少しの間でしたが、お顔を拝見出来て良かったです。

いつもながら勉強させてもらってま~す(^-^)v
こうして色々教えてくださるお姉様方、大好きです。
5年先、10年先、20年先と理想の姿が揃ってて
ありがたいことですよね~♪
  • 2009⁄01⁄20(火)
  • 01:19
  • [edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。