Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

2月の…

さすが「きさらぎ」の名の如く、この日も寒かったです
今月のサロンは。。。。。

帯プロデューサーの誉田屋源兵衛さんのお話をちょこっと。
なんでも今月1日に放映されたTけしアート☆ビートの収録の時に
日帰りで京都に行かれてTけしさんに帯結びをレクチャーしたとか
そして誉田屋さんの帯…力があって締め易いそうですよ。
う~ん、ナマで見てみたくなりました。

そのほか、褄下の重要性(腰紐を掛ける位置から1寸下がベスト)
半衿のバランス(厚みの場合は下前に、柄物の場合は上前にボリュームを)
腰紐や帯は前が下で後ろ上がりになる様に締め
帯締めは後が下で前上がりになる様に締める…などなど。

今月の先生
先生横(2/16) 2月先生後(2/16)
縞に更紗が所々に染め出してある藍の小紋。
帯は少数民族(藍族)が作っている生地を帯にしたもの。



※笹島先生が「アインシュタインの目」という番組に取材されました。
 BSプレミアムの25日、PM6:00からです、ご興味ある方はどうぞ~☆
 着付けを科学の目で検証?
スポンサーサイト
category
着物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。