FC2ブログ
Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

実家の本棚

戦中戦後に青春時代を過ごした年代に共通かもしれませんが
知性(教養?)に関して貪欲な欲求のある我が老父。
実家は昭和40年代建築特有の応接間があり
応接三点セットに本棚(中身は全集がびっちり)の
拵えでありまして、その本棚を埋めてある中身…
その中身をちょっとメモって来ました。

『完訳日本の古典』60巻
『日本の歴史』26巻
『現代日本文学全集 』(70巻以上あり)
『ブリタニカ国際年鑑 』(1970年代からあり)
他、仕事関係の本やら法律関係から議事録からいろいろ

ワタシの食指が動くのは『完訳日本の古典』だけかなあ(笑)
『日本の歴史』は好きな時代だけ かいつまんで読んだ記憶あり。
装丁が古色蒼然たる『現代日本文学全集』は 現代と言いつつ…ふるっ
もう見ないんじゃないかと思います。
そしてブリタニカ…なんで入ってるんだろう?
本棚に入れてある事がステイタスだったのかも…。

今度、全部読んだのかどうか聞いてみよう(爆)





スポンサーサイト
category
由無し事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。